残業代請求のための証拠

残業代請求のための証拠


残業代請求のための証拠

残業代請求のために役に立つ証拠

残業代の請求は、労働者が会社に対して行うものです。したがって請求する側の労働者が、まず第一に、残業した事実を主張して、その実際の残業時間を必要に応じて証拠により証明する必要があります。加えて、残業代を請求するには、残業代の計算方法や具体的な計算根拠も主張しなければなりません。残業代の計算方法や根拠となる事実は、個々の会社によって異なります。これらのことを考慮すると、残業代の計算に際して証明すべき事実等はおおよそ次のようなものがあげられます。
  1. 毎月の残業代の計算対象となる賃金(基本給だけではなく、職務手当・売上手当・営業手当・歩合給なども残業代の計算の対象となり得ます)
  2. 残業した日ごとの残業時間(深夜時間・休日労働時間)
  3. 会社の年間所定総労働時間(所定休日等から計算します)
  4. 会社の所定労働日
  5. 会社の所定労働時間
  6. 会社の所定休憩時間
  7. 会社の始業・終業時刻
  8. 会社が定める残業手当等の割増率

以上の事実を証明する証拠としては次のようなものが考えられます。
  1. タイムカード
  2. パソコンのログ記録
  3. メールの送受信記録
  4. トラックのタコグラフ(チャート紙)
  5. 業務日報(運転日報)
  6. 同僚等の証言
  7. 毎日つけている日記
  8. 給与明細書
  9. 会社の就業規則(賃金規程)
  10. 労働条件通知書
  11. 労働契約書
事実を証明する証拠は可能な限り客観的で信憑性があるものでなければ、証拠力が弱くなります。
タイムカードは、労働時間を証明する証拠としては証拠力は比較的強いと言えます。これに対して日々業務で使用していたパソコンのログ記録は、証拠力という点からは若干弱くなります。同僚等の証言は、労働時間を証明する証拠としてはあまり強くありません。
給与明細書や会社の就業規則、労働条件通知書、労働契約書等は、会社が作成したものまたは会社との合意書類ですので、証拠力は強いと言えます。
残業代請求のための証拠
証拠の取り方 ≫

残業代請求のための証拠

★メニュー

事務所概要
業務・料金案内
無料相談会
お問い合わせ・ご相談
残業代とは
残業代の計算
残業代請求のための証拠
残業代支払い請求の手段
リンク


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)残業請求代解決相談室